12月6日ピンク、ピンク(ピンクダートゴビー)

うーん、あれは8年位前かな~とある知り合いが西表島に潜りに行ってそこから“こんなの恩納村にもいる??”1枚の画像を送ってきました。よーくみると、その頃沢山いるけどなんだかわからないハゼ、本を見てもわからない?なんだろうと思ってたのがその送られてきた写真でした。すぐに友達にこれなんて名前?って聞くと“ピンクダートゴビーって言うんだって”って返事が返ってきました。その頃ハゼガイドブックなるものも出てなくて唯一東海大学出版会から出てる日本産魚類生態大図鑑をよーく見てみるとハゼ科1-4と出てました。(日本のハゼではクロユリハゼ科の1種ー1で出てます)恩納村では巣穴をもっててそこに引っ込むタイプの奴と群れであっちゃこっちゃ泳ぎ回るタイプの奴と2タイプいました。小さいときだけ群れってわけもなく大きくなっても群れで過ごすタイプもいました。深度的にはどれもやはり深く30m以深にいて結構深場を探すといろんな所で発見します。その中でも一番お気に入りのポイントに行くといつもかなり沢山の数を30m~42mの間くらいでかなりの数を見れます。肉眼で見てもピンク色で綺麗ですよ。写真にも綺麗に撮れはしますがなかなか綺麗にピンクが出ないんですよね。僕のようなコンデジではチョット大変ですね。それにしてもあの頃はリクエストも多かったんですが最近は普通種となってしまってトンとリクエストが減ってしまったようなうわーん

★良かったら下のボタン2つ、今日もポチッとお願いしまーす。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングショップ・スクールへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

2 Replies to “12月6日ピンク、ピンク(ピンクダートゴビー)”

  1. 沖縄で見られるハゼたちはほとんど、どの子も水温下がっても水深はほとんど変わらないのですが、とってもシャイになって撮りずらいですね。この間なんかヤシャハゼですら撮らせてくれないくらいシャイでした。その中でも一番シャイになるのはナカモトイロワケハゼかもね!!

コメントを残す