一般受けしなくても・・・(カタボシニシキベニハゼ)

はぁ~~我愛機PCがついに入院してしまいました。おかげでなかなか更新もできず今日まで・・・・早く僕PC帰ってこないかな~
早速ですが、ハゼの中に見ろいろあって脚光を浴びてるものからマニアにしか受けないようなものまであるあかんべーその中でもたぶんこいつはその部類に入ると思います。名前はカタボシニシキベニハゼ。名前を聞いてもピンとこない人もいるだろう。おまけにそんじょそこらで見られないうわーんというのはこいつの生息域がとにかく深い。こいつを撮ったのも水深50m、その深度までいってこんなにちっちゃくて肉眼で見てもたいしてきれいには見えない。だからこそ一般受けしない。でも実際写真できれいに撮ると本当はきれいなんですよ。僕の大好きなポイントに行くと割と見つかるんですがもっと一般受けしそうなものが多いせいかいつも撮り忘れてしまう。結局そんな扱いを受けてしまうカタボシニシキベニハゼでした。

12月6日ピンク、ピンク(ピンクダートゴビー)

うーん、あれは8年位前かな~とある知り合いが西表島に潜りに行ってそこから“こんなの恩納村にもいる??”1枚の画像を送ってきました。よーくみると、その頃沢山いるけどなんだかわからないハゼ、本を見てもわからない?なんだろうと思ってたのがその送られてきた写真でした。すぐに友達にこれなんて名前?って聞くと“ピンクダートゴビーって言うんだって”って返事が返ってきました。その頃ハゼガイドブックなるものも出てなくて唯一東海大学出版会から出てる日本産魚類生態大図鑑をよーく見てみるとハゼ科1-4と出てました。(日本のハゼではクロユリハゼ科の1種ー1で出てます)恩納村では巣穴をもっててそこに引っ込むタイプの奴と群れであっちゃこっちゃ泳ぎ回るタイプの奴と2タイプいました。小さいときだけ群れってわけもなく大きくなっても群れで過ごすタイプもいました。深度的にはどれもやはり深く30m以深にいて結構深場を探すといろんな所で発見します。その中でも一番お気に入りのポイントに行くといつもかなり沢山の数を30m~42mの間くらいでかなりの数を見れます。肉眼で見てもピンク色で綺麗ですよ。写真にも綺麗に撮れはしますがなかなか綺麗にピンクが出ないんですよね。僕のようなコンデジではチョット大変ですね。それにしてもあの頃はリクエストも多かったんですが最近は普通種となってしまってトンとリクエストが減ってしまったようなうわーん

★良かったら下のボタン2つ、今日もポチッとお願いしまーす。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングショップ・スクールへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

12月4日 沖縄と名の付くハゼ(オキナワハゼ)

沖縄に来たらせっかくなので沖縄と名の付くハゼも見てみたらどうでしょう。
まず一番名前的にもわかりやすいのがオキナワハゼかな!!はっきり言ってそんなに珍しいわけではないけどその辺を泳ぎ回っているわけでもないので何処でもここでも見れるわけではない。大体は岩をひっくり返して下に隠れてる。とってもかわいいハゼです。なにがかわいいってこいつのヒョコヒョコ泳ぐ姿は本当にかわいいですよ。かと言ってそんなにのろいわけではないのでいざと言うときはあっという間に隠れてしまいます。固体によって白くてとっても綺麗な固体から薄汚れた固体までさまざま!!綺麗な固体を見つけると“やったー”とガイド中に見えないところでこぶしを小さく握っています。
(注)オキナワハゼなんかを探しているときにひっくり返した石はちゃんと元に戻してね!!
オキナワハゼ1
オキナワハゼ2

★良かったら下のボタン2つ、今日もポチッとお願いしまーす。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングショップ・スクールへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村

恩納村マクロマニア・ダイビングブログスタート(ホタテツノハゼ)

沖縄本島・恩納村真栄田岬の近くにあるダイビングサービスあいる・ぷまんどぅ店長です。なかなかショップのブログだけでは載せきれないようなマクロなネタだけを限定にいろいろのっけていこうかなと思い立ちついにこのブログをスタートさせちゃいました。ショップのと言うよりもほとんど趣味のブログみたいになっちゃいそうですが、ま~いいか!!いろいろマクロなお魚ネタを出しちゃいますのでみなさんみてくださいね。

★良かったら下のボタン2つ、今日もポチッとお願いしまーす。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングショップ・スクールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村